セキスイハイムの変な制約①水回り編

セキスイハイムの家づくり

こんにちは、しゃむです。

一口にセキスイハイムといっても、実際に家を建てる時は
セキスイハイム○○(地方名)という会社とやり取りしていきます。

筆者の地域だとセキスイハイム中部ですね。
他所だとセキスイハイム東海だとか、セキスイハイム信州だとか…いろいろあると思います。
これらの会社はそれぞれすべて別会社です。

分かりやすく言うと、ディーラーみたいなものですね。
愛知だと愛知トヨタだったり、九州トヨタだったり。

まぁ、ここまで読んでいただいても別に別会社扱いだから何?
セキスイハイムの家って事には変わりないじゃん。と思うかもしれません…。
しかし、会社ごとに商品の制約や価格さえも違うって知ってましたか?

これを知っているか知らないかで、設計段階(特に設備決めの時)で困ることがなくなるかもしれません。

具体的に言うと、筆者の地域の管轄であるセキスイハイム中部では、水回りの制約がすごいです。

お風呂、トイレ、キッチンはカタログに載っているものしか選べません。

筆者の場合この制約の中のトイレに引っ掛かりました。

システムトイレがどうしても嫌で、アラウーノを導入したかったので営業さんに聞いてみると
アラウーノはパルフェでしか選択できませんと言われました。
意味が分からなかったので問い詰めてみると、トイレであったり水回りの制約をキツくすることで
独自にSPSの価格を低価格に抑えているという謎の言い訳が返ってきました(笑)

セキスイハイム信州や東海の施主さんは実際にアラウーノにしているのをブログで確認しており、
その件も言ってみましたが、会社が違うのでの一点張り。

じゃあ逆に、セキスイハイム中部の魅力は何なの?と聞いてみると営業設計共にダンマリでした(笑)
低価格に抑えているとか言ってますが、絶対そんなに変わらんだろと。
数百万単位で違うならまだしも、たかだか数十万安いとかでそんなこと言われてたらたまったもんじゃないです。

天下のトヨタでも、地域により値引き幅の差はあれど仕様が選べないってことはないのに
セキスイハイムではそれがあるらしいです。しかも明確な線引きはこちらが聞くまで出てきません。
マジで意味わからないです。筆者ブチギレですよ。

今回はトイレに焦点を当ててしまいましたが、今検討している内容が”謎の制約”によって
妨げられることがないかどうかだけしっかり確認したほうが良いと思います。
そこでもしどうしても諦めきれないのであれば、その制約がないセキスイハイムにお願いしたら
良いだけです。
東北の方がセキスイハイム中部にわざわざ発注して家づくりをしたという実績もあるらしいですから(笑)

次はトイレ以上に大炎上したニチコン製トライブリッドシステムについて書きたいと思います。


 

読んでいてここがわからない!ここが知りたい!とかあれば、気軽にコメントorメール頂けると嬉しいです!それ以外でも何かコメントやメールをくれるだけで中の人は泣いて喜ぶので気軽にどうぞ(笑)

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへにほんブログ村


セキスイハイム(一戸建)ランキング

↑ポチっと押していただけるとモチベに繋がります(笑)

ad