セキスイハイムの宿泊体験に行ってきました。

セキスイハイムの家づくり

こんばんは。しゃむです。

いやいや…前回の投稿から1か月空いてますね…。

前回の投稿はセキスイハイムの宿泊体験に行ってくるよという内容でしたので、それをレポしていきます!

今回宿泊したのはグランツーユーというタイプ

まず外観です。

なんだかハイムっぽくないですねw
グランツーユーとは、ハイムの木造住宅です。

現状私の住んでいる愛知県ではグランツーユーの取り扱いがなく、
あくまでこんなこともできるんですよーっということをアピールするために建てたそうです。
(岐阜県とかでは普通に建てられているようです。)

外観ぱっと見違いが見えてくるのは、2階部分の外壁と、1階の出窓ですね。
和風っぽさ?を出すためなのか、2階の外壁は塗り壁のような感じになっています。
1階の出窓は、グランツーユーでしかできない窓らしいです。
この窓は結構いいな~と思いました。お洒落だし、室内にも光が良く入ってきます。

快適エアリーなしのハイムはどうなのか

この宿泊棟ですが、たまたま快適エアリーは入っていないかったんですね。
エアリーの代わりと言っては何ですが、空気工房という全館換気&空気清浄システムが入っていました。

結論から言うと、エアコンつけてないと寒いです(笑)
床も若干冷たくなります。隙間風が来て寒くなるというより、じわじわと冷えていくような感覚です(笑)
とはいえ、一度部屋が暖まればエアコンさえついていれば超快適です。窓際も寒くないです。
部屋が完全に暖まったところで、一度エアコンを切ってみましたが部屋が完全に冷め切るまでに
3時間以上は暖かさを保ってたと思います。
賃貸とかじゃ考えられないですね(笑)この辺りはさすがハイムだと思います。

その他遮音/防音性、床の物音の響き等は全く鉄骨と変わりませんでした。
さすがに地震に対する強度はわかりませんでしたが(笑)
担当者の方が言うには強度は全く変わらないそうです。

空気の綺麗さは抜群だった

エアリーの代わりに入っていた空気工房ですが、換気システムと空気清浄機が合わさったもので
家じゅうの空気をきれいに保ってくれる設備です。

試しにめちゃくちゃ臭いの残る料理を作ってみたのですが、翌朝には完ぺきに消えていました。
というか、作ってる最中から部屋に臭いがこもらない!

花粉やハウスダストで目がかゆくなったりクシャミしまくりの筆者夫婦も、この家に入った途端
嘘みたいに症状が治まりました。
効果半端ないです。

しかもこの空気工房、床にガラリが付きません。(天井に吸排気口があります)

SPSとかだとエアリーを入れていなくても床に換気システム用のガラリがついたりしますが
これはつかないので、ガラリが嫌いな人は嬉しいかもですねw

あ、でもこの換気システムには一応空調機能らしきものがついているようで
2階の納戸のところにコントローラーがあったのですが、これは全く効果なしですね。
ぜんっぜん部屋暖まりません(笑)電気の無駄です。まぁ切れるので良いですが。

まとめ

上に挙げたこと以外は、特にSPS等の鉄骨造住宅と変わりませんでした。
ハイム品質といったところですかね。
若干施工不良なのでは?みたいなとこありましたが…。

お風呂は中間グレードのアドバンスでしたが、やはりあのシャワーの構造は好きになれません。
手入れしにくいし、何より扱いづらいです(笑)
お風呂だけは絶対にアドバンスSだと決めています(笑)

 

以上です!ここまで読んでいただいてありがとうございました。

次回は、筆者の実家である九州の長崎県にある、セキスイハイムの展示場に行った話を書こうかな…?
「長崎らしさ」が詰まっていて、同じハイムなのに特徴はでるんだなーと内装の参考になりました!

では次回も読んでいただけたら嬉しいです!

 


読んでいてここがわからない!ここが知りたい!とかあれば、気軽にコメントorメール頂けると嬉しいです!それ以外でも何かコメントやメールをくれるだけで中の人は泣いて喜ぶので気軽にどうぞ(笑)

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへにほんブログ村

↑ポチっと押していただけるとモチベに繋がります(笑)